トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

8

27

夏のキャンプ最終日


いよいよキャンプも最終日。

朝ご飯をたっぷり食べて、ぎりぎりまで遊べるように荷物を準備したら、

さあ、今日も海へ!

今日は浮き輪を借りてみんなでずっとプカプカ。
「浮き輪でみんなであっちまで行こう!」
「オッケー」
「進まな〜い!」
「ぐるぐる回る〜!」
「キャー!!」
「わはは〜!」

出発直前までこんな調子で、移動時間ギリギリになってしまい、
「急げー!!」
なんとか無事時間にも間に合い、帰りの電車に。

帰りの電車の中でもみんなずっと話をしていました。
最後に記念写真を撮って解散。

全員、この3日間で日焼けしてまっくろでした。

私も一緒に子どもに戻っていたのでまっくろです笑

みんな今回のキャンプはどんな思い出ができたのでしょう。
次のキャンプも楽しみです♬

(まっさ)


8

26

夏のキャンプ2日目


朝起きてみんなでホットサンドを作って食べた後、オーシャンビューのプールに入りました。

その後、体験型アクティビティで体をいっぱい使い、

玉のような汗をたっぷりかいた後は、

次の旅館に移動です。

何を思っているのかな?

次の宿泊先に着きました!

昔の電話を初めて使う子に、知っている子が教えています。

「え?!これ回すの?受話器持ったまま?ふーん、リダイヤルはないんだね」

「ないよ・・」とまっさ(スタッフ)が世代の差を感じている間に、

生徒達は一休みがてら、今からのスケジュールを確認していました。

「どうする?」

「海行きたい気分」

「海行きたい人?」

「はーい!」

「じゃあ行こう!!」

旅館から30秒後・・

「海だー!」

夕食ぎりぎりまで海で遊びました。

しかし夕食で事件が!!

なんと準備された夕食で一品ずつ足らないものがあるのです。

「あれ?私シャケのムニエルがないよ」

「ほんとだ、これとこれもないね」

「なんでだろう?」

「旅館の人を呼んでみよう」

電話をかける生徒

「あのー、これとこれとこれがないようなのですが・・。はい、わかりました」

「なんて?」

「今から来てくれるって」

・・3分後

「お待たせしました。お子様の方はそちらはつかないんですよ。」

まっさ「そうなんですか。食事前に言っていただけたらよかったです」

「申し訳ございません。みなさんお忙しそうでしたので・・」

「いや、それでも言って頂いた方がいいと思いますよ」

「そうですよね、申し訳ございませんでした」

夕食を再開し、生徒がぽつり。

「あの人、ちゃんと謝って偉かったね」

「僕のこれ、半分こっつしよう」

そして夕食の後は、メインイベントの花火大会です。

選べる浴衣を着て

「わー!綺麗だねぇ!」

帰り道、旅館にむかしのゲーム機が!
まっさがお手本を披露中。

「まっさすごーい!!」
「むふふ笑」

この後、すごく真剣な神経衰弱をやり、

ずーっとごろごろしながら笑い話をしていました。

「あーよく笑ったぁ」


8

25

生徒と企画!夏のキャンプ1日目


昨日から2泊3日の夏のキャンプ。生徒とスタッフが一緒に計画しました!
今年の夏キャンプは海に来ています。

船に乗って『島』に行きます!

カモメの歓迎を受けてます☆

ハンモックでのんびり中☆

バーベキュー中です!
やっぱりバーベキューができる男子はカッコいいですね☆

※生徒の希望により、1人の写真のみ掲載しています。


8

24

DAY 3 Tokyo Sudbury Art+Music Workshop


夏のアート&ミュージック ワークショップ DAY3

3日目は親子でご参加頂けるワークショップの最終日です。

香りとアートから始まった一日。
色々なものを見て、香りを楽しむ、味見をする、音楽や自然の音を聴く、そして直接触れるという五感を存分に使った3日間となりました。

午後には家族で行なうファミリーコラージュを行ないました。
親子や仲良しなお友達とのつながりが感じられる素敵な作品となりました。

また、ワークショップを終え、保護者の皆様からこのような感想が寄せられました。

「始めは絵が好きだったけど、自由に音楽を奏でる楽しさを知った!」

「絵や音楽を通して自分を表現することで、自信が芽生えたようです。」

この3日間を通して、大きく成長した子どもたちの笑顔はキラキラしていました。

参加者全員で創り上げたワークショップ、とっても楽しかったですね!


« 古い記事