トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

9

21

JC手伝って~!


「あやかちゃん!JCやるから手伝って~!」
6歳の生徒からの依頼でした。
 
JCは、
 
「学校裁判(Judicial Committee)」
 
ともいいます。
 
JCでは、何かをされたり、
見ていて不快に感じたことなど、
相手に対して学校の中で公的に訴え、
生徒とスタッフが複数いる話し合いの場を作ることができるのです。

JCは、いい悪いを決めるのではなく、お互いにこういう気持ちだったのだと伝え合う場です 。
そして、その上で責任を取る場でもあるのです。
 
訴えた理由を聞くと、
 
「人生ゲームに参加したかったのに、ダメだと言われてとても傷ついた!」
 
とのこと。
まるで取り調べの刑事のように状況をJCシートに書いていきました。
 
「ムキー!」
 
と、その生徒はご立腹です。
それもそのはず、なんとJCに訴えるのは5人!
これだけのエネルギーでなければ、5人も訴えられません!
 
「いっぱいいるなぁ」と思っていると、
 
「あやかちゃ~ん!JCやっぱりやめた!」

「えっ?!どうしたの?」
 
理由を聞くと、どうやらJCに訴える生徒の1人と、秘密の交渉をしたとのこと。笑
 
「このこと絶対秘密だからね!」
 
と、訴えた生徒が、秘密の交渉内容をこっそり教えてくれました 。
 
ん~^^その交渉内容をみんなに言えないのがムズムズ♪

でも、約束なので言えません。残念・・。

(スタッフ研修中 あやか)


9

17

兄弟


「ちょっと早く帰りま~す!さようなら~!!」
 
と6歳の生徒が元気に門の方に走っていきました。
 
 
10分後、
 
「まっさ~!!ころんでケガした~!!涙」
 
と泣きながらドアの方から声が・・。
 
 
「どうした~?!」
 
と一緒に夕方のミーティングをしていた年齢の大きい生徒らと見に行くと、
 
そこにはちょっぴりだけヒザとヒジの辺りを擦りむいて泣いている生徒が。
 
 
「お~転んだか!まず洗おう!」
 
ということで、大きい生徒が水道に連れて行きました。
 
 
 
ちょっと強引?!笑
 
 
でも消毒もしてくれて、
 
 
 
 
「あぁ、なんだかんだいっても、優しいなぁ・・(ほろり)」
 
兄弟みたいでした。
 
 
(スタッフ まっさ)


9

15

観葉植物の植え替えと、ちょっとした感動


夏の間に生徒と同じように大きく成長した観葉植物の植え替えを計画、
 今日やっと終わりました!
 
といっても実際にかかった時間は30分程度。
 
夏休みの間にスタッフがやってしまうのは簡単ですが、
「どうせなら生徒と一緒にやった方が楽しそうだ♪」
と思い、いつも通りメンバーを募集しました。
 
なかなかメンバー全員がそろわず延び延びになっていましたが、
ついに今日実行。
 
年齢の大きい生徒が率先してやってくれて、
大助かりでした!!
 
あまりに大きいので室内で植え替えをしたのですが、
終わった後、掃除機までかけてくれました。
 
感動!!
 
植物くんの植え替えをしてあげることができてすっきり!
そして、ちょっとした生徒の行動に素敵な気持ちになれました。
 
(スタッフ まっさ)


9

08

モノポリーの楽しみ方


今日は台風の影響で東京は大雨でした。

いつもは暑くて外に出ませんが、今日は雨で出ませんでした。

いつも通りです。

しかし、やはり雨だからか、普段やらないモノポリー(ボードゲーム)をみんなでやっていました。

「このゲームって相手を破産させるゲームだからひどいよね~」

「分かち合いの精神がないよね」

と生徒同士。

「戦略のゲームだからね~割り切るんだよ」

「あくまでゲームだからね。どうやるかを楽しむんだよ。これやるから別に誰かを破産させることが好きなわけではないしね」

とも生徒同士。

だからか、他に自分のやることがあったら、あっさりそちらにすぐ移ります。

その内容というよりゲーム性を楽しんでいるだけなんだなと感じます。

(スタッフ まっさ)


« 古い記事