トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

10

23

カーテン選びから生きる力を学ぶ


9月に校舎移転(引越し)し、今も学校の備品などを、生徒と話しながら集めています。

引っ越して必ず変わるもの。それは、カーテン!!

サドベリーではまず、「必要か必要じゃないか」から、話が始まります。

「別にカーテンいらないんじゃない?」

「外から見えるわけじゃないしね」

「そうだね」

「でも、夏や冬はどうする?特にこれから寒くなるから、風が入ってくるし、暖房が逃げちゃうよ。節電じゃないね」

「う〜ん、そうだね」

という具合に、どんな理由で何が必要かを話し合います。                                                                                                                         
以前のカーテンは使えないので、インテリア部で新しい校舎のカーテンのサイズを測り、
お店に見に行くことになりました。

でも、そもそもまず、カーテンの測り方がわからない!
そういう時はインターネットを使います。

サドベリーでは、何かわからないことがあれば、誰でもいつでもすぐにパソコンで調べることができるようになっていて、
6歳の生徒でも使い方のルールを守ればいつでも使えるのです。

「どうやって調べればいいのかな?」

「そういう時は、『カーテン 測り方』と検索すればいいんだよ」

と、ここでパソコンの検索の仕方を自然と学びます。
専用のメジャーが必要だとわかり、誰か持っていないか生徒やスタッフに聞いて回ります。

幸い、最近引っ越した生徒がおり、もう使わないから寄付してくれるとの事。

何度も何度も、試行錯誤しながら測り直し(なにせ生徒はカーテンを測るのは生まれて初めて)、
みんなの行ける日程を合わせて、いざお店にカーテンを見に行きました。

「うわ!カーテンいっぱいあるわ〜」

「種類がありすぎて、よくわからないね。」

「遮光性・遮蔽性・防音性・断熱性・洗濯可・防炎加工・防汚加工・消臭・抗菌加工・UVカット・・」

「生地や模様も色々だね・・」

「・・・」

〜1時間後〜

「疲れたね・・・」

ちょっと一休みさせてもらおう。

「フ~」

そして、なんとかカーテンを選び、店員さんにサイズを伝え、見積もりを出してもらいました。

「わっ!カーテンって結構するんだね」

「普段、家に普通にあるから分からないけど、測ったり選ぶのも体力いるし、高価なものなんだよね」

とスタッフ。

そう、サドベリーは自分たちで学校の事も運営していくので、
家の中では当たり前すぎる事も、その多くを自分たちでやっていくのです。

家に当たり前にあるカーテン。
カーテンを選び、実際にそれを買うという行為も、自分がやってみなければわかりません。

「生きる力」を育む場所というのは、何も好きな事を見つけるだけではありません。
実生活に根ざした体験する事が、まさに生きる力となっていくのです。

そしてその後は、ついでにハロウィンの衣装を見に行きました。

さっきまで、疲れた顔をしていたみんな(スタッフも)が、

「あ〜これいいじゃん!」

「これ似合う!」

「え〜?恥ずかしいよ」

「似合うよ!!」

「そうかな?」


「笑」

といった感じで、ワイワイ帰ってきました。

ちなみに今年のサドベリーのハロウィン衣装は、みんな気合い入っているそう。

どれだけ楽しめるかが重要なのです笑。

(スタッフ まっさ)


10

19

東京国際科学フェスティバルにてサドベリーイベント開催しました


先日、東京国際科学フェスティバルにて、サドベリーイベントを開催しました。

「科学とサドベリー?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
科学は、何かをどんどん探究していく学問であり、
サドベリー教育はその探究するということを、応援する教育であることから、
今回のイベントが生まれました。

当日はサドベリースクールについて初めて知る方や、
いつもイベントに参加してくださる方々と一緒に、
普段とは違った切り口で、サドベリー教育についてお話させていただきました。

当日は、保護者・生徒のみんなも登壇し、
司会の東京大学の学生の方と、対談しました。

16歳同士の男女のサドベリー生徒が、
学校の様子や、生徒だから感じるサドベリーのことについて語り、
保護者の方は、親としてサドベリースクールに通うようになったきっかけや、
日頃の様子を見ていて感じることを話されていました。

特に、2人の生徒は、終わった後、

「おもしろいけど、話すのって難しいね」
「いい経験になったね」
「やっぱ違う意見があったほうがいいから、生徒は2人で話したほうがいいよね。
だって、1人の生徒の声が、サドベリー生徒すべての声に聞こえちゃうかもしれないから。
いろんな意見があるのがサドベリーだから。」

と話していました。

11月5日の講演会でも、現在、対談する生徒を募集中。
当日は、どんな話が出てくるのか、楽しみです!

★11月5日(土)本田健氏×東京サドベリースクール教育講演会
『どんな時代も自分らしく生きる力を育む学校』
~サドベリースクールの実践~
http://tokyosudbury.com/kouenkai

(スタッフ まっさ)


10

13

学校のルール見直し!


東京サドベリースクールは引っ越しをしてから1カ月が経ちました。

今日は、みんなで決めた学校のルールについて見直すミーティングを行いました。

校則というものはありませんので、どのように学校で気持ちよく過ごすかは、

みんなで話し合ってルールを作っていくのです。

引っ越す前の以前の校舎では適用されていたけど、

今の校舎では使えないルールもたくさん出てきました。

そこで、

ルールの見直しをしよう!と立ちあがったのが、ルールアップデートプロジェクトチームです。

80個ほどあるルールを

「これは必要」

「これは以前の校舎でしか使えないから必要ない」

「必要だけど内容は変更する必要あるね」

と、真剣に話し合いを行っていました。

このプロジェクトチームは長旅になりそうです^^

サドベリーでルールは、国の法律と同じです。

サドベリーという自分たちの国の法律を、

そこで快適に過ごすために、

生徒とスタッフが一緒にルールを作り、直しています。

自分達の学校を自分達で創っていくことに、

取り組んでいる姿に感動します。

ルールアップデートプロジェクトメンバーも参加!

★11月5日(土)本田健氏×東京サドベリースクール教育講演会
『どんな時代も自分らしく生きる力を育む学校』
~サドベリースクールの実践~
http://tokyosudbury.com/kouenkai

スタッフ あやか