トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

2

26

フラペチーノスマイル


朝、キッチンから、「ガガガガガー!」という音が。
 

なんだなんだと見に行ってみたら、
どうやら昨日作戦を立てていた、フラペチーノ作りをしていう様子。
 

料理の好きな生徒とスタッフが、シャリシャリのフラペチーノを作るために、前日から準備しておいた氷をミキサーで砕いていました。
 

初めてのフラペチーノ作りは、3種類が30分ほどで出来上がり!
 

 

前日の何気ない会話、「フラペチーノって美味しいよね」という話から、「サドベリーでも作れるかな」と発展し、実際に作ってみることに。
料理好きな生徒がさっそく作り方を調べてくれ、各自の持ち物を決め(日頃から多数で料理をしているので段取りがいい!)、さっそく本日やってみたのでした。
 

なんでも、実際に自分がやってみないとわかりません。
他の人の自由を侵害しない限り、やってみようと思ったことをすぐにできるのがサドベリーのいいところであり、おもしろいところなのです。
 

「うん、美味しい!!」
 

【サドベリーがスタバに!?/作った生徒のツイッター】
 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

もっとサドベリースクールをお知りになりたい方はこちらもどうぞ
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::* :::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
【学校説明会】 学校の詳しい情報をお伝えしています
【学校見学】 実際の様子をご見学いただけます
【学校体験】 学校の体験ができます(1日・1週間・1ヵ月・ビジター制度(週1日))
【ご支援のお願い】 子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします
【無料メールマガジン】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::* :::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
 
 
 


2

14

バレンタインデー!


「チョコレートパティーにしよう!」
 

毎週金曜日に色々な食材を持ち寄ってご飯を食べる、通称“食べ部”。
先週から企画していたとおり、今日はバレンタインデーということでチョコレートパティーをしていました。
 

率先して動いているのは18歳の生徒。
彼女は毎週なにかしらのお菓子を作っています。
 

生徒たちは、ただ甘いものを食べているだけでしょうか。
いえいえサドベリーのスタッフはそういう視点は持ちません。
 

なぜなら、そこには数字では離れないたくさんの経験や学びがあるからです。
 

まず、何をしたいかをみんなで話し、そのための準備をする。
だれが何を持ってくるか決める。忘れる人もいて、そういうとき、その人はもう食べられないようにするのか、買いに行くのか決めています。
忘れる人はよく忘れてきます。そういう時にきちんと持ってきた人はどういうスタンスでいるのか迫られます。
また、よく忘れる人に限って、よく食べたりする(笑)。さらにそこでまたちゃんと持ってきた人は感情が出たり。
そういう関係、大人でもありますよね。
東京サドベリーの生徒たちは比較的寛容のようですが、他のサドベリースクールでは、もうその人は食べられなかったりもしています。
そういうこと1つ1つが、自分たちがサドベリーをどういう場にしたいのかという「文化」となって浸透していきます。
 

みんなが片付けず一人で洗い物をしているとき、犠牲感が出てくることを見つめている生徒もいます。
何かをするときには、様々なことが起こり、様々な感情が湧き出てきます。そういう時に、その感情を見つめ、自分はどうあるのか。どう行動するのか。サドベリーの生徒は、それをいつもいつもしています。
 

もちろん、楽しい経験もたくさんします。今回も、みんなで作ってみんなで食べていてとっても楽しそうでした!
 

サドベリーの生徒は、一見ただゲームをしているだけ、一見おしゃべりをしているだけ、一見料理をしているだけに見えるかもしれません。
しかし、今回の料理ひとつとっても、作り始めて片付けるまでの2~3時間の間に、生徒たちは本当にたくさんの自分と接し、どうするのかを決め、他人と接していきます。
 

それは、生徒一人ひとりを信頼し、すべての生徒に自己決定権が与えられており、あらゆることを大人がジャッジ(判断)しないことで成り立っています。
 


「わいわい」

 


「おいしそう!」
 

(スタッフ 杉山)
 
 

もっとサドベリースクールをお知りになりたい方はこちらもどうぞ
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::* :::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
【学校説明会】 学校の詳しい情報をお伝えしています
【学校見学】 実際の様子をご見学いただけます
【学校体験】 学校の体験ができます(1日・1週間・1ヵ月・ビジター制度(週1日))
【ご支援のお願い】 子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします
【無料メールマガジン】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::* :::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
 
 
 


2

10

かまくらづくり


今日は雪合戦をした後に、かまくらを作りました。
1日中、かまくらを作り続けていたら、去年作ったかまくらの2倍の大きさになりました!
 

2日経ってからの雪は少し固くて
雪合戦では「痛いってば~!」と笑いながら声が聞こえてきました。
 

スコップとバケツで雪を集めて、かまくら作り開始です。
 

雪を運ぶ人、固める人、穴を掘る人
 

実はこの中に生徒が4人入っています。
 
放課後も作り続けて、とんがり帽子のかまくらが完成しました!
 

(スタッフ 加藤)

 


2

10

防災館へ行きました


先日、生徒、スタッフで本所防災館へ行きました。
2年前に防災プロジェクトが発足してから、全員で定期的に防災館へ行っています。
 
今回は地震体験、暴風雨体験、都市型水害、消火器体験を体験しました。
 

暴風体験
 

暴風雨体験
 

水害での非常口の重さを体験
 

みんなでお昼ご飯。防災館で販売していた「かんぱん」を購入して食べてみました。
 

その後は、錦糸公園でバドミントンやドロケイでおもいっきり遊びました。
 

 

 
(スタッフ 加藤)