トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

8

29

私が思う本当の自由、そしてサドベリーコンサートへの想い


皆様こんにちは!
私は東京サドベリースクールの生徒で、サドベリー音楽メンバーの一員でもある、花です。
 

サドベリー日記では、スタッフより生徒の日々の様子や、お知らせをしていますが、今回は生徒である私が書いてみようかと思い、この日記を書いています。
 

最近よく思うのは『本当の自由ってなんなんだろう?』と
『私が本当にやりたいことは?』と言うことです。
 

このテーマは生涯に渡って考えていくことだと思いますが、最近頭から離れないのです。
 

私が思うサドベリースクールの問題であり、素晴らしい一つのポイントは、考える時間が腐るほどあるということです。
そのお陰か、そのせいか、考えたくないことも、考えてしまいます。
 

私は歌う事が大好きです。
母の影響もあり小さい頃から音楽に囲まれていました。
音楽は大好きだったので、レッスンや音楽に関係する事には飛び込んでいましたが、仕事の事になると、音楽で食べていけるか不安でした。
 

そんなとき、サドベリーでボランティアスタッフをしていた、木村しのさんに「サドベリーでコンサートをやってみない?」と誘われました。
何かをゼロから作り上げる事は怖い事であり、不安もありましたが
音楽の話をしていくうちになんだか、ワクワクするようになったのです。
 

人は、本当の自由が人生にあるとき、本当に好きな事をやっているときこそ、やっと魂レベルで輝くのではないかと思います。
私にとってそれが音楽であるということは、つい最近になって気がついた事です。
 

まだまだ、音楽を仕事に出来るかどうかは、分かりませんが、私にとって音楽と言う道を開いてくれたのは、サドベリーコンサートでした。
 

思いのたくさんつまったコンサート、今度10月の5日に開催いたしますので、予定の空いている方は是非お越し下さい。
 

サドベリー教育とは、ハイリスクな教育法だとは思いますが、人生で何が大切なのかを教えてくれる学校だと私は確信しています。
 

サドベリーの『好きな事を、好きな時にやる』というシステムは、私の本当の自由につながりました。
まだまだ、社会に対する不安はありますが、自分の意思がしっかりしていれば、ゴールは見えてくると思います。
 

サドベリーコンサートでは、今私が感じている事をめいいっぱい表現していきたいと思うので、皆様も是非お越しください!
 

長い文書を最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

東京サドベリースクール生徒 花
 
 

ここに当日演奏させていただく一部のメンバーが演奏している音源があるので、もしよかったら聴いてください。

【WMV版:少年時代/東京サドベリースクール】
【MP3版:少年時代/東京サドベリースクール】
※お使いの動作環境によって再生されない場合がございます、ご了承下さい。
 
 


 

これまでのコンサートに参加頂いた皆様のご感想

・とにかくびっくりするほどよかったです。花ちゃんの歌はびっくりして、涙があふれてきました。
心が浄化された感じがして、音楽とそこに込められた人の心って伝えるものが多くて、とてもヒーリングの力があるんだなと思いました。(M様)
・それぞれの音色が体に響いてきて、鳥肌が立ったり、涙が出たり、音楽っていいなって肌で感じました(H様)
・演奏者の「音楽の素晴らしさを伝えたい」という気持ちがとても伝わってくる内容で、とても楽しませて頂きました。(S様)
 
 

♪♫♩第5回サドベリーコンサート♪♫♩

 

日時

 10月5日(日)13:30~16:30(開場13:00より)
 

プログラム


『クラシック』
千の風になって
You raise me up
『ポップス』
What a wonderful world
ジブリメドレー
などなど、あとは当日のお楽しみ!
 

出演者

  ・花(歌:生徒)「クラシックを習っています。ポップスも大好きです」
・木村しの(ピアノ:準スタッフ)
「20年以上ピアノを教えています。サドベリーの生徒とも
一緒に音楽を楽しんでいます」
・常光今日子(ヴァイオリン:アドバイザー)
「ソロ、室内楽、オーケストラなどで演奏活動しています」
・吉田忍(パーカッション:保護者)
「20年以上ポップスからジャズまで幅広く演奏しています」
 

会場

  東京サドベリースクール (東京都世田谷区深沢7-9-7)
 

参加費

  大人1名1,500円(18歳未満無料) +あなたの感動価格
参加費は当日のお支払いとなります
どなたも楽しみやすいように参加費をおさえています
「楽しかった」「感動した」という方は、演奏者が次回も開催できるように
あなたの感動価格としてご寄付をいただけたら幸いです
※簡単なお茶菓子をお出しします。お持ち込みも歓迎いたします!
※差し入れ大歓迎! 当日みんなでおいしく頂きたいと思います!
※あなたの感動価格とは?
コンサートに参加してみて、「楽しかった!」「感動した!」という皆様に、演奏者が次回もコンサー
トを開催できるように、またスクールの音楽活動をご支援してくださるようにご寄付を頂けたらと思
います。よろしくお願いします。
 

定員

  スペースの都合上、少人数限定とさせていただいています
 

ご注意

当日の演奏中のお食事や、お話などはご遠慮ください
お子様も気軽に音楽を楽しむ場でありたいと思っていますが、同じように演奏中のマナーを大切していきたいと思っています。
お子様が、音楽を楽しむこととマナーの両方を体験できる場としたいと考えていますので、ご協力をよろしくお願い致します
 
 

満席により、お申し込みを締め切りました。ありがとうございました!

 
 
 
 
 

   ★☆★☆★☆★☆★☆★☆  近々のイベント  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
 

【サドベリー勉強会を開催します】
2014年9月23日(火・祝)9:30~12:30
勉強会で予定している内容(参加者のリクエスト等により変更する可能性があります)
第1回—サドベリー教育が子どもにもたらすもの
    サドベリー教育にないもの、あるもの
    なぜ“普通”あるべきカリキュラムやテストがないのか
    子どもに自由は必要?
    いい子は幸せか
    サドベリー教育とは など
 詳細はこちら 
 
 

【第5回サドベリーコンサート開催します】
10月5日(日)13:30~16:30(開場13:00より)

  『クラシック』
   千の風になって
   You raise me up
  『ポップス』
   What a wonderful world
   ジブリメドレー
 などなど、あとは当日のお楽しみ!
詳細ページで生徒の歌(少年時代/井上陽水さん)が聴けます。お楽しみください♪
 詳細はこちら (勉強会の次に表示されています。お手数ですが下の方にスクロール願います。)
 
 

【学校説明会】
2014年9月20日(土)10:00~13:00
学校説明会では、サドベリースクールに関心をお持ちのご家族が、学校の雰囲気を感じ、
お子様の教育について考える、きっかけ作りの場として開催しております。
学校施設の見学や、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えしたり、
質問をお受けしております。
 詳細はこちら 
 
 

   ★☆★☆★☆★☆★☆★☆  お知らせ  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままの姿や個性を大切にしたい皆さま、現在不登校や学校が合わなくてフリースクールや通信教育を検討中のご家族の皆さまも、ぜひ当校の説明会や見学にお気軽にお越しください。
 

【学校説明会】 ほぼ毎月開催
学校説明会では、サドベリースクールに関心をお持ちのご家族が、学校の雰囲気を感じ、
お子様の教育について考える、きっかけ作りの場として開催しております。
学校施設の見学や、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えしたり、
質問をお受けしております。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日開催
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。実際のスクールの様子を、親子で見学することで、
その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
1日学校体験は、お子様が東京サドベリースクールで丸1日過ごすことのできる日です。
サドベリー教育は、お子様ご本人が「実際はどういうところなのか」を体験してみることが一番重要であると考えています。
1日・1週間・1ヵ月・ビジター制度(週1日)と過ごす期間を選べます。まずは1日体験にご参加ください。
 

【ご支援のお願い】 子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします
 

【無料メールマガジン】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
 
 
 


8

29

自分という人間を知り続けていく


先日、おかげさまでフェイスブックの「いいね!」が800件となりました。
 

最近は
「フェイスブックで知って、自分の子ども時代にあったらよかったと思って見学にきました。私には間に合わなかったけど、この子には間に合うかと思って〜」
というお声をよくいただきます。
 

たくさんの方に、サドベリーの子ども達の様子をシェアしていただいているからだと思います。
本当にありがとうございます!
 
 

今、子どもの数が減っています。
総務省の調べによると、子どもの数は33年連続で減少、子どもの割合も40年連続で低下しています。
 

しかし、だからといって、数が少なくなっていく子どものことを気にかける必要はないと言う方はいないでしょう。
 

なぜなら、子どもこそ未来だからです。
 

そんな子ども時代に必要なことはなにか。みんな必死に考えています。
 

サドベリーとして言えることの1つとしては、
“自分という人間を知り続けていく”
という経験をすることです。
 

世界には、確かなものと不確かなもの、というものがあります。
 

不確かなものというのは世の中ですね。月に行けても、いまだに明日のことはわかりません。どうやらあらゆる物質もそこに存在していないという研究結果が量子力学の分野から出ているそうです。それくらい、世の中というものは、不確かなものなのでしょう。
 

確かなものというのは、自分の中で作っていくものです。それは自分自身の信念だったり想いだったり。
 

その確かなものを持ちながら、不確かな世の中を生きていく。そういうことが大切ではないか、そういうことを子ども時代に経験できるかどうかということが、学校が存在する意義の1つなのではないかと思っています。
 

しかし信念や想いというものは、どこにも売っていないんですね。コンビニにもないし、デパートにもない。教科書にも載っていない。ダウンロードもできません。
 

じゃあどうやって作っていくかというと、答えのないものに自分で答えを作っていくプロセスを経験しなくてはいけないんです。
 

そのためには、徹底的に話し合ったり、際限なく考えることができる環境と時間が必要です。
 

そればかりではありません。健全で漠然とした不安も必要です。何も自分で考えることなく、疑問を持つこともなく言われるままに流されるのではなく「僕の人生はこのままでいいんだろうか」と健全な不安を持つのです。そういう時間こそ、自分自身を振り返るいいチャンスなのです。
 

時に退屈だと思えるほどのたっぷりとした時間というのも必要です。忙しいという字は、“心を亡くす”と書きますね。上記の振り返る時間も、そういう時間があればこそできることです。
 

社会も、会社で働いていれば上司の指示があり、その通りに動けばいいかもしれません。しかしその会社がなくなったら?
そもそもその会社を選ぶ選ばないも、自分で決めなくてはいけません。
社会はあなたの代わりに、あなたの人生を決めてくれません。
 

私たちは、誰かが何かをしてくれる社会に生きているのではなく、自分で自分の人生の舵取りをしなくてはいけない社会に生きています。
自分達の住む社会にも責任をもたなくてはいけません。
人のせいにはできないはずなのです。
 

サドベリースクールは、リトル社会と呼ばれることがあります。
 

自分のことは自分でやる。
自分の自由を尊重し、相手の自由も尊重する。
誰かにゆだねるのではなく、自分が動く。
 

国と同じく、民主主義で運営されており、スクールのお金のことも、全て公開されています。スクールの収入も支出もスタッフの給料も公開されています。
 

ある意味で国民である生徒は、自分達に必要だと思うスタッフを選挙で選びます。国の仕組みが気に入らなければ、自分達で作って来たプロセスに乗っ取って変更することもできます。
 

生徒が立候補して経営に関わることももちろんできます。
参加しなければ、決まったことに従わなければなりません。本当に嫌なのであれば、やはり、皆の合意を得る為に改めて変更のプロセスをふまなくてはなりません。
 

校則(法律)も自分達で必要なものをつくり、それを守らなかったらどうするかということも、話し合っています。
 

司法・立法・行政のシステムが、ぎゅっと詰め込まれたのがサドベリースクールなのです。
 

そういう答えのないものを、延々話し合って作り上げていくのがサドベリースクールです。
 

それは、自分達が属するコミュニティであるサドベリースクールのみならず、自分の人生や生き方についても言えます。
 

人類共通の人生の答えというものはなく、自分の人生の答えは、自分で見つけなくてはいけません。
そのためには、自分という人間は、どういう人間なんだろうと、問い続ける必要があると考えています。
 

“自分という人間を知り続けていく”
 

これはサドベリーに来たらみんなができることでもないと思います。
そういうことを考えやすい性格や年齢、タイミングがあるでしょう。
 

私自身も、私の知らない私がたくさんあると思います。
 

でもだからこそ、自分を知るということはおもしろいことだと思うのです。
 

いつか誰もがこの世から旅立つ時がきます。
その時に「色々あったけど自分の人生を生きたな」と思って旅立つのか、「あれもできなかった、これもできなかった。それは◯◯のせいだ」と思って旅立つのか。
 

それは、自分という人間を知り続けてきたかどうかと、関わっていると思うのです。
 

(スタッフ 杉山)
 
 
 
 

   ★☆★☆★☆★☆★☆★☆  近々のイベント  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
 

【サドベリー勉強会を開催します】
2014年9月23日(火・祝)9:30~12:30
勉強会で予定している内容(参加者のリクエスト等により変更する可能性があります)
第1回—サドベリー教育が子どもにもたらすもの
    サドベリー教育にないもの、あるもの
    なぜ“普通”あるべきカリキュラムやテストがないのか
    子どもに自由は必要?
    いい子は幸せか
    サドベリー教育とは など
 詳細はこちら 
 
 

【第5回サドベリーコンサート開催します】
10月5日(日)13:30~16:30(開場13:00より)

  『クラシック』
   千の風になって
   You raise me up
  『ポップス』
   What a wonderful world
   ジブリメドレー
 などなど、あとは当日のお楽しみ!
詳細ページで生徒の歌(少年時代/井上陽水さん)が聴けます。お楽しみください♪
 詳細はこちら (勉強会の次に表示されています。お手数ですが下の方にスクロール願います。)
 
 

【学校説明会】
2014年9月20日(土)10:00~13:00
学校説明会では、サドベリースクールに関心をお持ちのご家族が、学校の雰囲気を感じ、
お子様の教育について考える、きっかけ作りの場として開催しております。
学校施設の見学や、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えしたり、
質問をお受けしております。
 詳細はこちら 
 
 

   ★☆★☆★☆★☆★☆★☆  お知らせ  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままの姿や個性を大切にしたい皆さま、現在不登校や学校が合わなくてフリースクールや通信教育を検討中のご家族の皆さまも、ぜひ当校の説明会や見学にお気軽にお越しください。
 

【学校説明会】 ほぼ毎月開催
学校説明会では、サドベリースクールに関心をお持ちのご家族が、学校の雰囲気を感じ、
お子様の教育について考える、きっかけ作りの場として開催しております。
学校施設の見学や、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えしたり、
質問をお受けしております。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日開催
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。実際のスクールの様子を、親子で見学することで、
その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
1日学校体験は、お子様が東京サドベリースクールで丸1日過ごすことのできる日です。
サドベリー教育は、お子様ご本人が「実際はどういうところなのか」を体験してみることが一番重要であると考えています。
1日・1週間・1ヵ月・ビジター制度(週1日)と過ごす期間を選べます。まずは1日体験にご参加ください。
 

【ご支援のお願い】 子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします
 

【無料メールマガジン】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています