トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

8

30

新しい教育の法律をつくる会の学習会を開催しました


昨日は新しい教育の法律をつくる会(多様な教育機会確保法(仮称))の学習会を開催しました。
 


 

この法律は、今の一般的な学校以外の学校(サドベリースクールなど)や育ちの場を選べるようにしようという法律を目指しています。
 

昨日は当校で開催しましたが、事前お申込みの時点で満席となり、スペースがいっぱいになるほど、たくさんの方がお越しくださいました。
遠くは山梨県や愛知県からお越しいただきました。
 

今回は、参加者の皆さまには事前に資料をお送りさせていただき、当日までにお読みいただいておりました。
 

そのため、これまでの経緯や要点などの運営委員からのお話は極力少なく、しかし順序立てて丁寧にお話させていただくようにしたうえで、できるだけ質疑応答の時間をたっぷりとって皆さんとお話できるようにしたいと考えておりました。
2時間のうち半分の時間を質疑応答の時間とすることができ、事前に予習してきてくださり理解も深まったとおしゃっていただきました。
 

また、私たちが一方的にお話し、質問やご意見にお答えするというものではなく、皆さんと意見を交換したり、ざっくばらんにお話し合う場としたかったため、できるだけ輪になって話ができるようにもしました。
 

そのため2時間という短い時間でしたが、たくさんお話することができました。
スペースの都合上、本当の輪の形にすることはできませんでしたが、その後の交流会も最後まで残って一緒に片づけをしてくださる方もたくさんいらして、ありがたかったです。
 

最後には、参加者の方から、
「これまで活動してきてくださってありがたい。これから私たちも、ひとりひとりができることをしていきたい」
とおっしゃっていただきました。
 

教育はその成果が見えるようになるまで10年、20年と時間がかかります。ですので、なおさら今始めなければいつまでたっても変わりません。
子どもが自分に合った学びや育ちの場を選べるようにすることで、子どもの個性や興味を伸ばすことができます。
また興味を追求してきた子は人との関わりも自然と生まれ、社会性が育まれていきます。
 

子どもはいつか大人になります。少子化が進む中、その子の個性や興味を伸ばし、社会性を育んできた子は、大人になったとき社会にとっても貴重な財産となるはずです。
2015年の時点で5歳の子が20歳になる15年後の2030年には、人口が減り高齢化がさらに進んでいます。
 

今5歳の子が働き盛りで社会の中核を担いだす38歳(2048年)には、ついに日本の人口は1億人を下回るとさえ言われています(共に総務省報告)。
若者が生き生きと自分らしく生きている社会をつくることは、今から始めなければなりません。
 

そのための一つとして、それぞれに子に合った様々な学びの場(サドベリースクールを含めて)があること、そしてそれを支える制度があることが必要です。
今後も、様々な箇所で各運営委員による勉強会が開催される予定ですので、ぜひいらしてください。
 


 

(今後の予定)

【8月31日東京】 
【9月2日札幌】 
【9月5日長崎】 
【9月5日福岡】 
【9月8日大阪】 

 

(スタッフ 杉山)
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。

 

【学校説明会】 9月12日(土)
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
 

【スタッフ募集】 私たちは、今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


8

21

スポーツもフロー経営も、“古い脳”を活性化することが必要!


本日はサドベリースクール(サドベリー教育)について、ご著書の中でも紹介してくださっている、天外伺朗先生のインタビューを受けられたウェブサイトをご紹介いたします。
 

天外伺朗先生はソニーで元上席役員であり、ロボット犬AIBOを開発されたり、またあのCDを開発された方でもいらっしゃいます!
そんなすごい方が、実は現在は経営塾をされていらっしゃいます。
 
 

フロー経営というのはご存知でしょうか?
 

フロー経営とは、天外先生ご自身が以下のようにおっしゃっています。
>指示命令をしないで本人の自主的な意欲を大切にするという「フロー経営」
とのこと。
 
 

そもそもフローというのは、
 

~~「日本メンタルサービス研究所」HPより抜粋~~
 

「先生は日本におけるフロー研究の第一人者だと思いますが、フローについて簡単に教えていただけますか?」
 
フローというのは、無我夢中になって何かに取り組んでいる時に、特殊な精神状態になるということを、チクセントミハイ博士が発見し、それを学問的に研究しておられるわけです。
 

これは、すごく浅いフローから、至高体験と言いますが、宗教的な超越体験に至るまでのすごく深いフローまで、連続的にフローという現象があるのですけれども、一定以上の深いフローに入ると、奇跡が起きます。
 

技術開発プロジェクトの場合だと、エンジニアが皆スーパーエンジニア変身する。アイデアが湯水のように湧いてくる。それよりすごいのが、もうこれでダメかと思えるような状況に接しても怯まなくなり、何とか突破して行ってしまう。
 

それともう一つ、サイエンティフィックな説明ができないけれども「運がよくなる」というのが、僕が発見しているフロー現象ですね。スポーツの場合はゾーンと言いまして、これは練習の時よりもすごいプレーができるということがよく知られています。
 

~~「日本メンタルサービス研究所」HPより抜粋~~
 
 

ご覧のように、フローと言うのは夢中になって、そこから流れに乗るようにどんどん進んでいく状態のことです。
そしてこのフロー状態になるには発動条件があるのですね。
それは、「外発的動機」ではなく「内発的動機」がベースにあるということです。
 

「外発的動機」とは、外からの動機があることですね。
仕事で成果を上げたら給料を上げるよとか、成績でいい点を取ったらおこずかいをあげるよとか。
 

一方「内発的動機」というのは、
本人が、これやってみようとか、これおもしろそうなど、自分の中から動機が始まるわけです。
 

サドベリースクールは、周りが何も与えない(読み書き計算の授業さえ!)ということをあえてすることで、生徒が自分のやりたいことを心で感じ、頭で考え、自分から一歩を踏み出す環境をつくっているのです。
 

その時に大切なことは、大人が何もしないということは、サドベリースクールのスタッフ(大人)だけでなく、保護者も不安から勉強させたりしないことなのです。
今回は天外先生のインタビューのご紹介なので、この辺については、また何かのタイミングでお話できたらと思います。
 

サドベリー教育についても紹介されている天外先生のインタビューはこちらからどうぞ↓
【日本メンタルサービス研究所】スポーツもフロー経営も、“古い脳”を活性化することが必要!
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。

 

【学校説明会】 9月12日(土)
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
 

【スタッフ募集】 私たちは、今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


8

20

「多様な学び保障法」を知り、子どもたちの幸せと自己肯定感を高めよう!!


8月29日に新しい教育の法律についての勉強会を、
東京サドベリースクールにて開催させていただくこととなりました。
 

小学生になってから1つの教育しか選べないのではなく、
もっと子ども自身に合った教育を、自由に選べるようにする為の法律をつくろうとしています。
 

幼稚園や保育園、様々な子どもの場で、その子が伸び伸びと個性を伸ばしていても、
その後は小学校という1つの道しかありません。
そこでみんなと同じことだけしていては、せっかくその子の素敵なところを大切にしてきたのに
失ってしまってもったいないと常々思っていました。
 

先日、議員連盟より、今国会に提出予定の条文案が公開となりましたので、
その内容について当日、わたくし杉山と、八ヶ岳サドベリーの久保田(奥田)あやがお話します。
 

また文部科学省初等中等教育局視学官の亀田徹氏もいらして説明をしてくださいます。
他の運営委員も来てくださるかもしれません(調整中)。
 

この法律はサドベリーや他の学びの場に通う子どもたちが、
現場(学校)だけでなく、制度(法律)の面からも支援されることを願って進めているものです。
 

しかし、今回の条文内には「個別学習計画」といった、子どもの自由しからぬ文言も入っており、
よくご質問もいただきます。
そういった内容についてなども当日お話する予定です。
 

日が迫っておりますが、ぜひタイミングのよろしければご参加いただけたらと思います。
他にもご興味ある方いらっしゃいましたらお知らせください。
 

日時:8月29日(土)15:00~17:00
場所:東京サドベリースクール(東京都世田谷区深沢7-9-7)
参加費:無料
申込先:お申し込みはこちら
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。

 

【学校説明会】 9月12日(土)
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
 

【スタッフ募集】 私たちは、今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


8

07

夏休みのお知らせ


夏休み期間は8月8日(土)~9月6日(日)です。
 

お申込み、お問合せいただいたお返事が遅くなることがありますので、予めご了承ください。
 


 

皆様、よい夏をお過ごしください。
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。

 

【学校説明会】 9月12日(土)
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
 

【スタッフ募集】 私たちは、今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


« 古い記事