トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

5

31

保護者連載最終回:世界に一つだけの花


 

【 最終回 世界に一つだけの花 】
 
 

 これまで私はこの場をお借りして、東京サドベリースクールの保護者となって気づいたことや考えたことなどをいろいろと書かせていただきました。
 

 まず、ここでお断りしておきたいのは、私は教育の専門家ではないということ。教育について学んだことは一度もなく、セミナーや勉強会に参加したこともありません。教育に関してはずぶの素人です。
 

 ですから、ここで書いてきたことは、あくまでも私の個人的な感想にすぎません。ひとりの保護者の勝手な思いであり、「東京サドベリースクール」や「サドベリー教育」の公式な見解とは無縁のものです。
 

 そして、私個人の子育ての中から気づいたことを書きとめたものですから、他の親御さんの教育の参考になるものでもありません。一人ひとりの子どもが個性を持っているように、一つひとつの家庭の子育ては違うものだと思っています。
 

 「東京サドベリースクール」は、個人的には好きな学校です。すばらしい点が多々あります。でも、他の学校にも優れた点はたくさんあります。公立や私立学校、他のフリースクール等の教育を否定するつもりは一切ありません。
 

 そして、すべてのお子さんや保護者に「サドベリー教育」が合っているとも思いません。このような特殊な教育は、幅広くある選択肢のひとつにすぎないと思っています。
 

 ただ、個人的な感想を述べさせていただくと、「東京サドベリースクールがあってよかった」と私たちは思っています。私や家内が育った時代には想像もできなかった教育ですが、うちの子にはぴったりマッチしたようです。
 
 

 SMAPのヒット曲に「世界に一つだけの花(作詞・作曲・編曲/槇原敬之)」があります。花屋の店先に並んだ花のことを歌ったものですが、あの歌詞は本当にすばらしいですね。
 
 

 花屋の店先に並ぶ花は「どれもみんなきれいだね この中で誰が一番だなんて争う事もしないで バケツの中 誇らしげにしゃんと胸を張っている」
 

 「それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる? 一人一人違うのに その中で一番になりたがる?」
 

 そして最後に歌詞はこう結びます。
「そうさ 僕らは世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい」
 

 まさに子を持つひとりの親として、心からうなずける内容です。
 
 

 そう、子どもはきっと一輪の花なんだと思います。自分だけの人生を見事に咲かせる花。
 

でも、種のうちはどんな花が咲くのか分かりません。種はみな同じように見えるからです。
 

 もし、それがひまわりの種だったら、絶対にバラの花は咲きません。種をまいた人がいくらバラになってほしいと願っても、その花はやっぱりひまわりなのです。
 

 子育ても同じではないでしょうか。   
 

 子ども可愛いさのあまり、親はときとして勝手に「バラになれ」なんて願ったりします。そして、バラの花の育て方にならい、種に水をあげたり栄養を与えたりします。
 

 バラになった方が華やかだし、その方が花にとって幸せに違いないと思って。
 

 しかし、ひまわりはひまわりで、決してバラにはなりません。無理やりバラの育て方を押しつけると、枯れてしまうかもしれません。
 

 では、親はいったい何をすればいいのでしょう。子どもに対して親ができることは何なのでしょう。
 

 植物の世界にたとえていうなら、親の果たす役割は「土壌」になることではないでしょうか。子どもが芽を出し、茎を伸ばし、花を咲かせるために必要な栄養を与える、どっしりとしたプランターになることだと思います。
 

 人があれこれ指図せずとも、植物は勝手に育っていきます。種の中にはどんな花になるか、すでにその未来が宿っています。でも、それが何の花かは咲いてみるまで分かりません。たとえ分かっていたとしても、少なくともプランターが決めることではありません。
 

 親は子どもが可愛い。だから、子どもに幸せになってほしいと切に願います。でも、ここで問題なのは、「幸せとは何か」ということ。
 

 非常に深い問題なのでここでは掘り下げませんが、ひとつ言えることがあるとすれば、人の幸せは他人が決めるものではないということでしょう。幸せは究極の個人的な価値観です。
 

 この連載で何度か繰り返してきましたが、「親と子は対等の関係」であり、「子どもを親とは独立した一個の人間」として認めるべきだというのが私の考えです。
 

 そう思うと、子どもの幸せを決める権利は親にはありません。
 

 はたから見て苦しそうでも、たいへんそうでも、本人が幸せと思えば、それは幸せなのです。
 

 「子どもに幸せになってもらいたい」ばかりに、子どもの人生に口出しするのは、親としての越権行為であり、かえって子どもを苦しめてしてしまうかもしれません。
 

 子どもの人生は、子どものもの。どんな花になるかを決めるのは、親ではなく子ども自身なのです。
 

 親にできることはただひとつ、子どもがすくすくと育っていくための豊かな土壌を提供すること。
 

 その土壌とは、心豊かな家庭のことだと思います。互いに話したり、笑ったり、ときには喧嘩したり、仲直りしたり、そんなことが普通にできる家庭のことだと思います。
 

 その家庭という土壌に支えられ、子どもは勝手に芽を出し、茎を伸ばし、つぼみを膨らませて育っていきます。私たち親はその成長を見守りながら、「世界に一つだけの花」が咲くのを楽しみに待っていればいいのです。
 

おわり
 
 

(保護者 蓑田 雅之)
 
 

こちらにも寄稿しています!
全国サドベリー保護者の声を集めた小冊子
「自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~」 

 
 

バックナンバーはこちら
【 最終回 世界に一つだけの花 】
【 8回目 反抗期がない? 】
【 7回目 「子ども」という子どもはいない 】
【 6回目 子どもにまかせて大丈夫? 】
【 5回目 勉強しなくて大丈夫? 】
【 4回目 保護者にとっての価値 】
【 3回目 親の権威の失墜 】 
【 2回目 すべての親は子育ての素人だ 】 
【 1回目 サドベリー教育の衝撃 】 
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。
 

【学校説明会】 6月18日(土)10:00~13:00
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定:毎週月・木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。一緒に様子を見ることで、その後家族で共に検討することができると考えています。学校説明も行います。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。ご希望であれば夕方に学校説明も行っています。
 

【ご支援のお願い】 サドベリーは本来あるはずの子どもたちへの公的支援がありません。そのため、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています。
 

【スタッフ募集】 今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


5

24

保護者連載8回目:反抗期がない?


【8回目 反抗期がない?】
 
 

 そう、反抗期がない。
 
 多くのサドベリースクールに通う保護者の方と話してみると、このような話題がよく出てきます。もちろん、すべてというわけではありません。全体としてサドベリーに通う子どもは反抗期が少ない傾向にあるということです。
 
 私の息子も中学3年生の年齢ですが、いわゆる反抗期のような態度は示しません。
 
 なぜ反抗しないのか? 息子に聞いてみるとシンプルな答えが返ってきました。「反抗することがないからだよ」
 
 この連載で何度も書いてきましたが、私は、親子は「上下の関係」ではなく、人間として「横並びの関係」であるべきだと思っています。そしてまた、子どもは親とは独立した一個の人間だと考えています。
 
 冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、血は繋がっていても親子は別人です。
 
 私は息子の人生を、息子にそっくり預けました。自分で将来に責任を持つのであれば、何をやってもいい。勉強してもしなくても、自分の趣味に没頭しても、一生ゲームをやりたければとことんゲームをやればいいと言っています。
 
 学校でも、家庭でも、何をやってもいいということになると、反抗する理由がなくなります。だから反抗しないというわけです。
 
 そもそも「反抗期」という言葉には違和感を覚えます。「反抗」という言葉には、親が正しくて、子が間違っているという考えが前提として含まれているからです。
 
 なぜ、親の言うことが正しくて、子の言うことは間違っているのか。その根拠はどこにあるのか。「反抗」という言葉の根底には、子どもは親が管理するものという考えがあるように思います。
 
 しかし、これはある一面で正しくもあるのです。「親子は対等」と書きましたが、それが当てはまらないケースもあるからです。
 
 お店でいえば、店長とスタッフの関係です。何か不祥事が起きた場合、責任を取るのは店長です。だから、スタッフはある程度、店長のやり方に従う義務があります。
 
 つまり、問題になるのは責任の所在です。責任の所在がどこにあるか。それが親にある場合は、やはり子は親の言うことに従わねばならないと思います。
 
 こう考えると、親の権限の範囲は意外と明確になってきます。
 
 たとえば、子どもが将来何になるか、なりたいか、といったことは、親が関与すべきことではないでしょう。子どもの人生は子どものものなので、責任の所在は子どもにあるからです。
 
 だから、勉強するかしないか、進学するかしないか、ゲームをやるかやらないか、といったことの判断は、すべて子どもにまかせればいいのです。
 
 一方、子どもにまかせておけないこともあります。たとえば、犯罪や事故です。
 
 子どもが罪を犯した場合、未成年者なので、責任は保護者である親にふりかかってきます。喧嘩や事故で相手に怪我をさせたときも、やはり親に責任があります。子どもが窓ガラスを割っても、賠償責任は親に生じます。
 
 だから、こういうことは子どもの勝手にさせるわけにはいきません。特にドラッグや、SNSの使い方など、失敗すると取り返しのつかなくなるような件に関しては、むしろ口酸っぱく注意すべきだと思います。「うるさいな」と思われても、ここは言うべきだと思います。
 
 それ以外のこと、つまり子どもが自分で責任が取れる範囲のことは、子どもの自由にさせたいと思います。多少失敗しても、それは人生のいい経験になるでしょうから。
 
 私はサドベリー教育を知るまで、人間には誰しも反抗期が来るものだと思っていました。反抗期は大人になるために必要な誰もが通過するステップのひとつであり、むしろ反抗期がないことの方が問題かもしれないと。
 
 でも、それはどうやらアインシュタインがいうところの「人が18歳までに身に付けた偏見」のひとつだったようです。
 
 私の姪は日本生まれですが、イギリスで育ち、イギリスの大学に行きました。昔、彼女に聞いたことがあります。「イギリスの子どもにも反抗期はあるの?」
 
 しばらく考えたのち、彼女はこう答えました。「反抗期ねぇ、あんまり聞いたことないけどね」と。
 
 人間が成長していくための過程に反抗期が必要と考えるのは、ガラパゴス化した日本ならではの特色なのでしょうか。
 
 

(保護者 蓑田 雅之)
 
 

こちらにも寄稿しています!
全国サドベリー保護者の声を集めた小冊子
「自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~」 

 
 

バックナンバーはこちら
【 最終回 世界に一つだけの花 】
【 8回目 反抗期がない? 】
【 7回目 「子ども」という子どもはいない 】
【 6回目 子どもにまかせて大丈夫? 】
【 5回目 勉強しなくて大丈夫? 】
【 4回目 保護者にとっての価値 】
【 3回目 親の権威の失墜 】 
【 2回目 すべての親は子育ての素人だ 】 
【 1回目 サドベリー教育の衝撃 】 
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。
 

【学校説明会】 6月18日(土)10:00~13:00
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定:毎週月・木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。一緒に様子を見ることで、その後家族で共に検討することができると考えています。学校説明も行います。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。ご希望であれば夕方に学校説明も行っています。
 

【ご支援のお願い】 サドベリーは本来あるはずの子どもたちへの公的支援がありません。そのため、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています。
 

【スタッフ募集】 今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


5

24

いたずら


朝、バナナを食べている人がおり、そのバナナの皮を使って
 

「本当にバナナの皮で滑るのか?」
 

という話になりました。
すでに登校していた生徒が、登校してきた生徒にトラップを仕掛けてみようと話していました。
 


 


 

とてもおもしろかったようで何日かブームでした。
 

だれも滑っていませんでしたが、でも本当にみんな楽しそうでした。
トラップを仕掛けられた方も楽しそうでした。
 

今日ものどかな1日が始まっています。
 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。
 

【学校説明会】 6月18日(土)10:00~13:00
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定:毎週月・木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。一緒に様子を見ることで、その後家族で共に検討することができると考えています。学校説明も行います。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。ご希望であれば夕方に学校説明も行っています。
 

【ご支援のお願い】 サドベリーは本来あるはずの子どもたちへの公的支援がありません。そのため、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています。
 

【スタッフ募集】 今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


5

19

ヨガと内発的動機


食と美容に興味のある生徒が、ボランティアスタッフのヨガインストラクターに、ヨガを教えてもらっていました。
 


 

彼女はヨガも美容につながってくると思っていたようで前々から興味があったとのこと。
以前も教えてもらったことがあったのですが、また今回もボランティアスタッフに交渉してヨガをしていました。
 

私は、
 

「好きなことばかりしていると、視野が狭まるんじゃないですか?」
 

というご質問をよくいただきます。
 

私自身の経験と、生徒の活動からのお答えとしては、
 

「いいえ。むしろ視野は広く、深くなっていく傾向があります。」
 

とお答えしています。
 

本当に興味のあることであれば、もっともっと知りたくなります。
知れば知るほど、知らなかったことが出てきます。
そしてそれを調べれば知るほど、もっと知らないことが出てきます。
 

上記の生徒も食に興味を持つことで、季節の食べ物を取ることでの身体へのポジティブな影響や、気候によってできる食べ物が違うこと。例えば暑い土地で作られるコーヒーを飲むと身体が冷えることなどを教えてくれたことがありました。
 

美容で言えば、例えば様々な薬品についての勉強を、誰に言われるでもなく本やインターネットで自分で調べて、ノートに綺麗に書き写しています。
 

これは、誰かに言われたからやれるというものではないでしょう。
綺麗にノートを取るということで、周りの大人に認めてもらいたいという外発的動機では続きません。
なぜなら誰に見せるものでもないからです。自分がやりたくて、自分のためにやっていることだから。
 

そうやって自分の中から湧き出る動機を内発的動機といいます。
これは誰かから評価をもらったり、与えられて行う外発的動機とは異なります。
 

内発的動機は好奇心から行動します。
どんどん色々なことを自分から調べていくので、視野が広く、深くなっていく傾向があるのです。
 

サドベリースクールは、内発的動機をとても大切にしています。
そのため私は、「大人がさせたいことではなく、子どもがしたいことをする学校」と呼んでいるのです。
 

子ども自身がやりたいことを、とことんやらせてあげたい。
そしてその責任を、良い意味で本人に取らせてあげたい。
 

自ら望んで行った行動は、大人・子ども関係なく自分で責任を取っていきます。
本人の、納得感が違うからです。
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★☆★☆★☆★☆  サドベリーを見に、聞きに、体験しにいらっしゃいませんか?  ★☆★☆★☆★☆
 

子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や学校見学、1日体験などがございます。
 

【学校説明会】 6月18日(土)10:00~13:00
施設の見学、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えします。また保護者や生徒への質問する機会もございます。
 

【学校見学】 親子限定:毎週月・木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。一緒に様子を見ることで、その後家族で共に検討することができると考えています。学校説明も行います。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができます。ご希望であれば夕方に学校説明も行っています。
 

【ご支援のお願い】 サドベリーは本来あるはずの子どもたちへの公的支援がありません。そのため、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いしております。
 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています。
 

【スタッフ募集】 今後の東京サドベリースクールの安定と発展のために、生徒を見守り、一緒にスクールを運営する、新しいスタッフを募集しています。ご興味をお持ちの方は、「スタッフ募集」をご覧いただき、一般見学にお越しください。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


« 古い記事