トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

2

14

ハッピーバレンタイン


今日はバレンタインデー。
 

12歳の女子生徒が、サドベリーのみんなにチョコレートをつくってきてくれました。
「今年は頑張った!」とのこと。4種類もつくってきてくれました。
 

ちょうど本日は一般見学の日だったのですが、見学の皆さんにも振舞っていました。
 


 

 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします

 
 


2

09

編み物と無我


最近編み物にはまっている生徒。
 


 

そういえば、ボストンのサドベリーバレースクール(SVS)でも「ソーイングルーム」と呼ばれる部屋があります。
そこはかつて、SVSで一大編み物ブームが起きた時に、大勢の生徒が毎日編み物(ソーング)をしていたというSVSの中で最も広い部屋。
 

今は編み物をする生徒はおらず、名前だけが残っているのですが、いつの時代も、どこの国でも、編み物に夢中になる生徒はいるようです。
 

そういえば「編み物をしていると、禅の世界のような無になれる」と他のスタッフも言っていました。
 

無我夢中と言いますが、夢中になっているときは、自分が無くなってしまうくらい集中していますね。
そんなフロー状態をたくさん経験できるのも、自分がやりたいと思っていて、それをやってもよいという環境があるからこそ。逆に、嫌な事や興味のないことだったら、すぐに違うことに目が行ってしまいますね。
 

「努力は夢中に勝てない」とは、ファッションブランド「ビームス」創業者、設楽洋さんの言葉です。
頑張って無理している時のパフォーマンスと、楽しくて夢中でやるパフォーマンスは明らかに違います。
かといって、サドベリーの生徒も何かを積み重ねていないというわけではなく、それに興味があるからもっとやろう、続けようと続けています。
それは傍から見たら「努力」に見えるかもしれませんが、本人は興味があってやっていることで、イヤイヤやっているわけではないんですね。
 

我を無くすくらい夢中になれることを見つける1つの方法に、興味があることをちょっとずつ色々試すということがあります。
ちょっと試してみて、「お、なんかおもしろい」「もうちょっとやってみようかな」など、少しでも夢中になれたら、それは自分に向いていることかもしれません。
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします

 
 


2

07

暖かくなり、外に出る生徒が増えてきました


最近、東京は暖かくなり、スクールから外に出る生徒が増えてきました。
 


「外はあったかいかな~?」
 


木登りしたり、
 


武器を発見して、
 


戦ったり。
 


虫を見つけて、みんなで騒いだり。
 


「よし、つながったぞ!」
 


「ありゃりゃ」
 


「外におでよ~」「いや~まださむいから。。」
 

なんて感じでそれぞれ楽しんでいました。
だんだんと春が近づいてきています。
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします