トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

3

29

宴!(うたげ)


卒業を考える会と、18歳で巣立つ生徒のスピーチを無事に終え、午後からは謝恩会と卒業パーティーとなりました。
 


乾杯!
 


乾杯2!
 


ポットラック(1品持ち寄り)パーティーです。みんなそれぞれに感謝し合う会ですので、生徒も、保護者も、スタッフもゲストも、みんな1品持ち寄りです。
 


美味しそうですね!
 


チョコレートファウンテンも登場しました。
パーティーをみんな楽しんでくれていました。
 
 


そしてお決まりの2次会へ。大人席。
 


大人席2。生徒席もあちこちに。
 
 


そして3次会へ。
 


もう、みんななかなか帰りません笑。楽しい時間はあっという間ですね。
生徒同士だけではなく、保護者の皆さん同士も仲良くなれたようで、
「今度お茶しましょう!」と話していたり。
 
 

なお、この日は18歳の生徒達の他にも、今年度でサドベリーを巣立ち、別の道を歩む
生徒や保護者の皆さんも大勢参加され、たくさんの笑顔が生まれていました。
 

サドベリーの中でのそれぞれの気づきや学び、成長を、今後の人生で活かしてもらいたいと思います。
それぞれご縁がありサドベリーにいらっしゃいました。
これからも、直接的に見守る形ではなくなっても、応援していけたらと思っています。
 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします

 
 


3

29

卒業!スピーチ~卒業証書、授与


こちらは、卒業という形を選んだ『卒業を考える会』の様子です。
進行は、彼と同じ時期に入学した、6歳年下の同期の生徒。
 


時間通りにスタートしました。
 


卒業スピーチ。
サドベリーで何をしてきたか、学んだこと、そして将来やっていきたいことを話してくれました。
笑いあり涙ありの、彼らしい温かいスピーチでした。
 


真剣に聞いています。
 


また彼の人柄がにじみ出たスピーチに、みんな笑顔も溢れていました。
 


質疑応答。様々な質問に、自分の言葉で答えていきます。
Q「サドベリーの6年間で学んだことは?」
A「自分自身に責任を持たなきゃだめだなということ。サドベリーは自分ですべて背負っていかなきゃいけないから、それが一番学べるところだと思う。」
Q「あなたにとって人生とは?」
A「自分で作る道。選ぶというより自分で作る。僕の人生は舗装された道路じゃなく、険しい山を切り開いて道を作るところからはじまる。すごいスローペースかもしれないけど、自分はそういう道を歩んでいきたい。」
 


スピーチと次の質疑応答で、生徒・保護者・スタッフ・外部役員は、
「この生徒はサドベリー卒業生としてふさわしいか」を考えます。
 


一票ずつ、進行が票を読み上げた後、皆さんにお見せしています。透明性が保たれています。
 


3分の2以上の承認(票)を得て、卒業生として認められました!
 


サプライズの卒業証書、授与。涙。
 

この卒業証書には、高卒資格や、法的・制度的な力は何もありません。
でも、彼にとってはサドベリーで過ごした6年間が詰まっています。
そして卒業証書以上に、彼自身の中に、サドベリーで過ごした中での学びや思い出が生き続けることでしょう。
 

卒業おめでとう!!
 
 

つづき
宴!(うたげ) 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします

 
 


3

29

旅立ちの日!


3月26日は、ふたりの18歳の生徒にとって大きな1日となりました。
 

12歳から6年間通った生徒の『卒業を考える会』と、
東京サドベリースクール開校当初から8年間通った生徒の、8年間を振り返ってのスピーチが行われたのです。
 

その日は、18歳のふたりにとって、サドベリー生として最後の日となりました。
ふたりとも立派にスピーチし、6年間通った生徒は皆さんに卒業の承認をいただき、
卒業生として巣立っていきました。
 

彼は地元の小学校を卒業し、より自分が通いたい学校に行きたいということで、東京サドベリースクールに入学しました。
彼は不登校ではありません。より自分らしい道を選んだ結果がサドベリーだったのです。
今後こういった形は増えていくでしょう。
 

彼は以前から、
「卒業という形が自分にとっての区切りだから、卒業という形でサドベリーを巣立っていきたい」
と語っていました。
必要な手続きや準備を進め、生徒・保護者・スタッフ・外部役員から
3分の2以上の「卒業生として認める」という票をもらい、晴れて卒業生となりました。
 

また、もうひとりの18歳の生徒は、
「私の人生でサドベリーの生き方はまだまだ続いていく、だから卒業という形にしない」
という理由で、あえて卒業というシステムを取りませんでした。
 

彼女は当日までスピーチの準備をせず、あえてその場での想いを伝えてくれ、
皆さんにお別れと感謝の言葉を残してくれました。
 

「サドベリーが第2の家になりました」
と言ってくれ、会場がとても嬉しい気持ちで包まれました。
 

どちらも、本人が自分で考えて決めたこと。どちらがいい悪いはありません。
自分で決めたその道にこそ、力が宿ると思います。
 

現在の日本の法律上、18歳でサドベリーを卒業しても、しなくても、高校卒業の資格にはなりません。
でも、彼らにとって、サドベリーで自分で得た気づき、学び、育ち、仲間は彼らの人生そのものです。
 

ぜひ、自分自身を大切にして、自分の人生を歩んでいってほしいと思います!
 
 

つづき
卒業!スピーチ~卒業証書、授与 
 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします

 
 


3

01

異年齢での学び


サドベリーでは異年齢で生徒達が過ごしています。
これは、「〇歳で△△を学ばせる」というものがないからです。
興味を持つ対象とタイミングはそれぞれですから、年齢によって学ばせ、それを管理する必要がないと考えています。
 

今日から3月。生徒が立ち上げた”工作部”に新しい部員が入部しました。
 

今日は工作部で「消しゴムハンコ」を作ろうと計画していた模様。
年上で工作部の女子生徒が、新しく工作部になった男子生徒にやり方や彫刻刀の安全な使い方を教えていました。
 


 

人は自ら気づき、自ら動き、教わることによって学び、教えることによって学びます。
 


 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします