トップに
戻る

3

29

旅立ちの日!


3月26日は、ふたりの18歳の生徒にとって大きな1日となりました。
 

12歳から6年間通った生徒の『卒業を考える会』と、
東京サドベリースクール開校当初から8年間通った生徒の、8年間を振り返ってのスピーチが行われたのです。
 

その日は、18歳のふたりにとって、サドベリー生として最後の日となりました。
ふたりとも立派にスピーチし、6年間通った生徒は皆さんに卒業の承認をいただき、
卒業生として巣立っていきました。
 

彼は地元の小学校を卒業し、より自分が通いたい学校に行きたいということで、東京サドベリースクールに入学しました。
彼は不登校ではありません。より自分らしい道を選んだ結果がサドベリーだったのです。
今後こういった形は増えていくでしょう。
 

彼は以前から、
「卒業という形が自分にとっての区切りだから、卒業という形でサドベリーを巣立っていきたい」
と語っていました。
必要な手続きや準備を進め、生徒・保護者・スタッフ・外部役員から
3分の2以上の「卒業生として認める」という票をもらい、晴れて卒業生となりました。
 

また、もうひとりの18歳の生徒は、
「私の人生でサドベリーの生き方はまだまだ続いていく、だから卒業という形にしない」
という理由で、あえて卒業というシステムを取りませんでした。
 

彼女は当日までスピーチの準備をせず、あえてその場での想いを伝えてくれ、
皆さんにお別れと感謝の言葉を残してくれました。
 

「サドベリーが第2の家になりました」
と言ってくれ、会場がとても嬉しい気持ちで包まれました。
 

どちらも、本人が自分で考えて決めたこと。どちらがいい悪いはありません。
自分で決めたその道にこそ、力が宿ると思います。
 

現在の日本の法律上、18歳でサドベリーを卒業しても、しなくても、高校卒業の資格にはなりません。
でも、彼らにとって、サドベリーで自分で得た気づき、学び、育ち、仲間は彼らの人生そのものです。
 

ぜひ、自分自身を大切にして、自分の人生を歩んでいってほしいと思います!
 
 

つづき
卒業!スピーチ~卒業証書、授与 
 
 

(スタッフ 杉山)
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします