トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

10

24

イベント:東京サドベリースクール保護者の茶話会


東京サドベリースクールの保護者が、
渋谷にある子育て応援スペース「ミライLabo(ミライラボ)」でお話し会を開催します。
 

【日時】


11月5日(土)11:00~13:00(軽食付き)
 

【テーマ】


教育について語りあおう会
~学校・フリースクール・サドベリースクールこどもの選択肢は∞~
 

【場所】


東京都渋谷区神宮前
“ミライLabo”
 

【お申し込み・詳細】


https://coubic.com/mirai-labo8/215039
(ご紹介のイベントは東京サドベリースクール主催ではございません。)
 

ミライLaboさんは
「0歳~100歳未満のこどもたちが、やりたい!なりたい!を叶えるおもちゃhacoミライLabo∞」をコンセプトにママと子どもが楽しめるイベントや、ママやパパに役立つ活動を提供してくれる、心強い子育てスペースです。
この度、東京サドベリースクールから保護者2名がおうかがいして、参加者の皆様とざっくばらんに、リアルなサドベリーライフや子育て感をお話しさせていただきます。
 

教育を選ぶってどういうこと?
オルタナティブ教育で大丈夫?
など参加者の皆さんと一緒に考え、疑問にお応えします。
 

また、フェイスブックでもイベント情報をご覧になれます。
https://www.facebook.com/events/1239412079467190/
 
実際東京サドベリースクールに在籍している保護者と気軽にお話しできる機会です。
ご興味のある方(お子様がいる方いない方に関わらず)どなたでもご参加いただけます。
 

子どもの成長は待ったなし!気になる方はぜひ足をお運びくださいね。
 

東京サドベリースクールより参加保護者の紹介


舛岡千鶴:娘が小学校入学のタイミングで東京サドベリースクールを選択。以降現在まで6年間、娘がどんな成長をしてきたかをお話しします。「自ら学ぶ自由に生きる」全国サドベリースクール保護者の声、発起人。
 

蓑田雅之:息子は小学校時代は東京コミュニティスクールに在籍、卒業後中学選択の際に東京サドベリースクールに入学。家族でオルタナティブ教育を選択し続ける価値をわかりやすくお伝えします。東京サドベリーホームページ掲載日記、保護者連載(全9回)執筆。
 

主催:ミライLabo 釜本様 よりメッセージ


現在年長の息子を持つシングルマザーですが、先月下記講演会を開催させていただきこどもの教育環境の重要性を実感しました。9/25☆東京初講演!!!☆『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』今回もその機会になれば幸いです。
釜本真美子
 

【日時】


11月5日(土)11:00~13:00(軽食付き)
 

【テーマ】


教育について語りあおう会
~学校・フリースクール・サドベリースクールこどもの選択肢は∞~
 

【場所】


東京都渋谷区神宮前
“ミライLabo”
 

【お申し込み・詳細】


https://coubic.com/mirai-labo8/215039
(ご紹介のイベントは東京サドベリースクール主催ではございません。)
 


11

11

12月14日開催!講演会実行委員より


12月14日(日)ファミリー向け講演会を開催します。
 
今年の講演会の実行委員は大人よりも生徒達の方が多く、
生徒達は素晴らしい講演会になるよう、はりきっています!
 

 
実行委員の生徒達は講演会のプログラムの企画から、当日までの事務作業、当日の運営、ステージに登壇もします。ミーティングも回数を重ね、毎日、講演会のことを考えて、今年実行委員が初めての生徒は「とっても忙しい!」と言っていますが、とても楽しそうです。
実行委員の経験のある生徒は落ち着いてリーダーシップをとってくれています。
 

 
今年は、在籍の生徒、保護者がお話しさせていただくお時間がたっぷりあり、
東京サドベリースクールの本質をたくさんお話しさせていただきます。
ご興味ある方は是非、ご参加いただきたい講演会です!
➜詳しくはこちら 
 
皆様にお会いできることを皆で楽しみにお待ちしています。
 

(スタッフ 加藤)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆  お知らせ  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

サドベリー勉強会開催します!
【生徒・保護者の声を聴こう】
11月29日(土)9:30〜12:30(開場9:10~)
    サドベリーの生徒・保護者は自分を信じるため、子どもを信じるためにどう在ろうとしているのか
    大好きなことがトコトンできる環境に通ってみて
    毎日好きなことをしているわけではない?!その理由とは
    不安もある?わくわくもある?どっち??
    子どもを信じること
➜詳しくはこちら 
※ページ下部にあります
 
 

ファミリー向け講演会を開催します!
【親が変われば、教育は変わる!】
12月14日(日)13:00〜16:15(開場12:45~)
    東京サドベリースクールの教育理念、特徴、普段の様子
    毎日を自分らしく過ごす事の大切さ
    なぜサドベリースクールは子どものありのままの姿を大切にしているのか
    子どもが自分らしさを発揮するには
    新しい学びの場に通わせてみて親として思うこと
    子どもが自分で大好きなことを見つけるために親ができること
    子どもを見守ることのむずかしさ
    その子らしさを大切にするために今日からできること
    質疑応答
        など
➜詳しくはこちら 
 
 

子どものありのままの姿や個性を大切にしたい皆さま、現在不登校や学校が合わなくてフリースクールや通信教育を検討中のご家族の皆さまも、ぜひ当校の説明会や見学にお気軽にお越しください。
 

【学校説明会】 ほぼ毎月開催
学校説明会では、サドベリースクールに関心をお持ちのご家族が、学校の雰囲気を感じ、
お子様の教育について考える、きっかけ作りの場として開催しております。
学校施設の見学や、教育方針説明、サドベリー教育のメリット・デメリットをお伝えしたり、
質問をお受けしております。
 

【学校見学】 親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日開催
親子で実際のスクールの様子をご見学いただけます。実際のスクールの様子を、親子で見学することで、
その後一緒に検討することができると考えています。
 

【学校体験】 スクール開校日であれば随時
1日学校体験は、お子様が東京サドベリースクールで丸1日過ごすことのできる日です。
サドベリー教育は、お子様ご本人が「実際はどういうところなのか」を体験してみることが一番重要であると考えています。
1日・1週間・1ヵ月・ビジター制度(週1日)と過ごす期間を選べます。まずは1日体験にご参加ください。
 

【ご支援のお願い】 子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします
 

【無料メールマガジン】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
 
 
 


10

06

サドベリーロールプレイング体験講座開催します


大人のためのサドベリーロールプレイング体験講座を開催します。
(※この講座は大人、特に、親やサドベリースクールのスタッフ希望者向けになります)
 
サドベリースクールの書籍や講演会・勉強会などで理念や考え方はわかったけれど、実際にスクールでどのようなことが起きているのかわからず不安という声を聞くことがあります。頭ではサドベリー教育を理解していても、自分が体験したことがない教育をこどもに受けさせることに不安があるのはごく自然なことだと思います。
 
子どもたちは一日体験やビジティングウィーク等でサドベリーを体験することができますが、親は体験できる機会がないため、スクール内で実際に起きていることをほんの少しでも体験できたらと思い今回の講座を企画しました。
 
今回はスクールの根幹のひとつ「スクールミーティング」で起きたことを、若干内容を変えて、ロールプレイングというかたちでスタッフの立場、生徒の立場になって体験していただきます。主な登場人物の生徒には承諾をもらい、もしかしたら生徒の親も知らない内容をはじめて公開するとても貴重な場になります。
 
実際にご自身で体験していただくことで、スタッフの関り方や、生徒・スタッフが何を考え何を大切にしているかなどを体感できる機会になればいいなと思っています。
また、ご家庭の中でのお子さんとの接し方のヒントにもなれば嬉しく思います。
東京サドベリーの生徒、スタッフ、保護者も参加します。
丸1日、頭と体を使って、サドベリースクールを体験してみませんか。
 
<当日予定している内容>
午前中(主に座学での勉強会)
・ボストンサドベリーのDVD鑑賞
・参加者同士を知る
・スタッフの役割・親の役割について
 
午後(グループになってロールプレイング)
・ロールプレイング体験(事例2つ)
・Q&A
・シェアリング
 
日時:2014年11月1日(土)10:00~17:00
場所:一般財団法人東京サドベリースクールにて
費用:大人一人8,640円(消費税込)
ご夫婦で参加される場合は、二人目を5,400円(消費税込)と致します。
※10,800円(消費税込)のプログラムですが、初回につき今回のみ8,640円に致します。
※この企画は大人が集中してワークに参加していただきたいと思っておりますので、大人のみの参加と致します。
 
持ち物:筆記用具、お弁当(※昼食は各自でご用意願います。電子レンジやお湯のご利用は可能ですし、近くにコンビニもあります)
人数:12名まで
(グループになってロールプレイングをしますので、3人に満たない場合は中止か延期にさせていただきます)
 

下記よりお申し込みください。

 

日程 2015年7月12日(日)10:00~17:00

 

お申し込み人数 (必須)
大人の人数 

 

お申し込み代表者(大人)についてご記入ください。
  お名前 (必須)    
  ふりがな (必須)   

  性別 (必須)

  年齢 (必須)

  ご夫婦の場合はその方のお名前 (必須)

     (いらっしゃらない場合は「なし」とご記入ください)

     

  郵便番号 (必須)(ハイフン「-」なし)
  ご住所 (必須)    

  ご連絡可能な電話番号 (必須)(ハイフン「-」なし)

  メールアドレス (必須)     

 

お子さまについて対象項目をご記入ください。
  第一子お名前    ふりがな  
  生年月日(例2000/04/01)  年齢 歳 性別

  第二子お名前   ふりがな   
  生年月日(例2000/04/01)  年齢 歳 性別

  第三子お名前   ふりがな   
  生年月日(例2000/04/01)  年齢 歳 性別
お子さまが3人以上の場合は、上記と同内容を備考欄にご記入ください。

 

アンケート

当てはまる項目をお選びください。(複数選択可)
  条件がそろえば今すぐ入学を検討
  2015年度(随時受付)の入学を検討
  2016年度以降の入学を検討
  東京サドベリースクールの教育モデルに興味がある
  東京サドベリースクールのスタッフに興味がある
  東京サドベリースクールのボランティアに興味がある
  東京サドベリースクールのアドバイザーに興味がある
  ボストンサドベリーバレースクールに興味がある
  サドベリーモデルの教育を起ち上げたい

 

備考欄

どのような経緯で東京サドベリースクールを知りましたか?

 

お申し込みいただいた理由や、、入学を検討するにあたりご不安なことや必要な条件、または東京サドベリースクールへのメッセージなどをお寄せください。


7

29

大きなキャンバスに絵を描きました


東京サドベリースクールの隣にFISH PHOTO(http://fishphoto.jp/)という素敵な写真スタジオがあります。
 
先日、素敵なご縁で大きなキャンバスに絵を描きに来ませんか?とお誘いをいただきました。
そして、生徒たちが描いている風景を撮影していただきました。
 
写真スタジオは、赤ちゃんの写真を専門に撮影しているそうです。
お部屋には、等身大の赤ちゃんの写真がたくさん飾ってありました。
そして、お部屋には大人の背の高さ位以上ある大きな白いキャンバスがありました。

生徒たちは、大きなキャンバスに何を描こうかな~!と最初はわくわくドキドキ。
最初は少し緊張していましたが、だんだん描いていくうちに、楽しくてどんどん筆が動いていきました。
 

 

 

 
次第に、手や体を使って描いてみたり。
 

 
だんだん着ているTシャツがキャンバスになって16歳の男子生徒のTシャツが絵の具まみれに!
 

 

 

思う存分描いて満足したところで終了しました。
生徒たちはとても楽しかったようで「また描きにいきたいね~!」と話しています♪
 
(スタッフ 加藤)
 
子どものありのままの姿や個性を大切にしたい皆さま、現在不登校や学校が合わなくてフリースクールや通信教育を検討中のご家族の皆さまも、ぜひ当校の説明会や見学にお気軽にお越しください。
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::* :::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
7月22日~31日
【オープンスクール開催】 1日から参加可能。通常の小学校、中学校が夏休みの期間を利用して、1日体験よりリーズナブルにサドベリースクールを体験できます
 

【学校説明会】 スクールの詳しい情報をお伝えしています
 

親子限定毎週月・木曜日、一般の方毎月第2火曜日
【学校見学】 実際のスクールの様子をご見学いただけます
 

随時
【学校体験】 スクールの体験ができます(1日・1週間・1ヵ月・ビジター制度(週1日))
 

【ご支援のお願い】 子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします
 

【無料メールマガジン】 活動の様子やイベント情報などをお届けしています
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::* :::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
 


« 古い記事