メディア掲載

 

 

雑誌

  • Woman.exciteにご掲載いただきました

  • Woman.excite(2015年1月26日掲載)
     

      ↓内容より一部抜粋↓
    先生も授業もテストもない!? 自分らしさを伸ばす教育「サドベリースクール」とは
    ■大家族のような学校
    閑静な住宅街にある大きな洋風の一軒家。リビングでは小さな子どもたちがゲームで遊び、キッチンでは中学生くらいの子がケーキを焼いています。2階では映画を鑑賞している子や、ipadを片手に真剣に話し合っている子も。中には大人もいますが、「ゲームばっかりやってちゃダメ! 勉強しなさい!」と叱る気配もありません。ここは一体何なのでしょうか?
    Woman.excite
     
     
     

  • 無印良品HPにご掲載いただきました



  • 無印良品HP くらしの良品計画(2015年1月21日掲載)
     

      ↓内容より一部抜粋↓
    「大人がさせたいことをするのではなく、子どもがしたいことをする学校なんですね」と語るのは、「東京サドベリースクール」のスタッフの杉山さん。ここで学ぶ子どもたちは、自らの人生を自らの意志で選択することで、悩み考える力を養い、自分の道を自分で切り開いていく力を獲得していくのです。
    無印良品HP くらしの良品計画
     
     
     

  • FQ JAPANにご掲載いただきました
  • FQ JAPAN(2014年9月発売号)P32
    ◆特集◆
    父親が考える早すぎない「教育」
    「偏差値」重視型教育が常識となっている日本では、幼い頃から懸命に“お勉強”に励む我が子の背中を押してやることが、父親の役割でいいのだろうか?
    今回の特集では、あえてそこに「?」をつけてみる。
    topic 04:海外の教育理論/シュタイナー教育・モンテッソーリ教育・サドベリースクール
     

      ↓内容より一部抜粋↓
    画一的な学びを強制せず、自身の嗜好や可能性を追求させ、自ら社会を創ることをも実践するサドベリースクール。「なにもしないと何も始まらない、何かすれば何かが始まる」それを身をもって実感できる機会に恵まれそうなのは確かだ。通常は大人になって経験する社会のサバイバル環境に幼いうちから馴染ませることで、自分らしい人生を選び取るチカラが身につくのではないだろうか。
     
     
     

  • VERYにご掲載いただきました
  • VERY(2013年9月号)P257
    『授業のない大家族のような学校』として掲載されています。
      ↓内容より一部抜粋↓
    〜これまでいくつか「自由度の高い」教育システムをご紹介してきましたが、今回の「学校」は
    その究極といってもよいかもしれません。「自由からの逃走」という本がありましたが、
    ここまでの「自由」と子どもは、親は向き合えるのか。試されます。〜
    ※「1日のスケジュール」に“15:20授業”とありますが授業はありません
     
     
     

  • ソトコトにご掲載いただきました

  •  

    ソトコト(2013年5月号)巻頭8ページ
    東京サドベリースクールが巻頭8ページで特集されています。
    作家よしもとばななさんの応援メッセージ付きです。
     
     
     

映像

  • フジテレビでサドベリーバレースクール(アメリカ)が放送されました
  • フジテレビ 「たけしの日本教育白書」2005年
     

  • NHKでサドベリーバレースクール(アメリカ)が放送されました
  • NHK ハイビジョン「地球街角アングル スペシャル」2004年

    →紹介HPはこちら

     

  • NHKでサドベリーバレースクール(アメリカ)が放送されました
  • NHK 「ETV特集 サドベリーバレー校の実践から」1997年

    →紹介HPはこちら

     

     

     

    取材のご連絡はこちらにお願いいたします

     

     お名前             
     ふりがな            

     ご連絡可能な電話番号(ハイフン「-」なし)         

     メールアドレス              

     お問合せ内容