トップに
戻る

 サドベリー日記

 

 

6

22

早稲田大学生のサドベリー感想


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
7月20日~8月9日【オープンスクール受付中!】  
夏休みの期間を使って、子どもたちが『自分のことを自分で考える』という大切なことを体験してみませんか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

先日の早稲田大学さんでのサドベリー講義の感想を頂きました。許可を頂き掲載させていただきます。
 

サドベリー講義の記事はこちら 
 

もちろんサドベリースクールに通ったら全ての生徒が今回発表した彼女のようになるわけではありませんし、そのようになることを期待する教育でもありません。
でも、実際に下記のご感想のように好意的に受け取っていただけたのも事実です。それは彼女自身のチカラと彼女を尊重する家庭環境があればこそ。サドベリーはその土台の上にあるからこそ成り立つ教育方法なのです。
 


 

【生徒への感想】
・自分の中学生の頃を思うと、こんなに堂々と人の前で話すことはできなかった。自分の意見がきちんとあって、考える力は私よりかなりすぐれていると感じた。
・お話にとても感動した。大勢の人の前で話す機会がなかったし、あっても勇気がなかったと思う。とても分かりやすい説明で実際の思いをきけて本当に良かった。ありがとうございました。
・考え方がしっかりしていて私より大人の考え方だなと感心した。
・プレゼン、質問の受け答えも、12歳とは思えないくらいしっかりしていて、これがまさにサドベリー教育の成果の一つであると思った。義務教育の集団行動の中だと、どうしても発言の場が薄まってしまうので。
・こんなにしっかりしている12歳の子どもがいたことに本当に驚いた。サドベリーに通い、自立性と自発性を育むことができたからだと思った。
・生徒さんがとてもしっかりしていて驚いた。自分をもっている生き方がかっこいいと思った。
 

【サドベリー教育への感想】
・今の日本の多くに足りていない「考える力」を強化し、(強制的に)知識を学ぶことより、体験を大切にしていく。親の立場だとすると子どもの人生だとしても口出しをしてしまうそうな気がした。義務教育の枠組みの中でしか考えない自分の視野の狭さを感じた。
・義務教育のような学びが当たり前の中で育ってきた私にとって新しい発見だった。どちらが良い悪いのではなく、一つの選択肢として捉える考え方がすてきだと思った。
・初めて知った。私自身、今自分が何をしたいか迷っているので、こういう教育の方法もあるのかと大変驚き、感心した。割合自由に学んできたと思っていたが、サドベリーの子どもに選択させる自由さは、本当に子どもを尊重しようという思いからきていると感じた。生徒さんの話からも彼女自身が自ら学んで成長していることがよくわかった。子どもを尊重することは子どもを信頼することと強く結びついているのだと思った。そこで育っている生徒さんも他を尊重する思いを持っていると感じた。反面、「普通」の学校教育を受けていないことで、社会に出た時にぶつかる壁もあるのではないかと思うが、それさえも乗り越える力を養っているのがサドベリーかなと思った。スタッフさん、生徒さん、両方からお話をきけて、大変有意義だった。
・子どもの投票でスタッフがくびになることがある、話はとてもびっくりした。子どもの頃から民主主義の社会という環境に身を置けるのはいいことだと思った。また、自分は現時点でまだやりたいことが決まっていないので、自分の嫌なことなどを逆に考えてみる、というのは面白い発想だと感じた。今後進路を考える上で考慮してみたい。一般の教育しか受けていないので比較することは難しいが、今後の教育の在り方としてサドベリーのような考え方もありのだと思った。また、やりたいことをする点で大学と似ている気がした。
・私の子ども頃や、普通の子どもは、いつも何かあると親や周りに頼り、自分で解決しなきゃとは思わないと思う。そのような社会で必要な力を小さいうちから身に付けることができるサドベリーが素晴らしい学校だなと感じた。
・自分はいまだに好きなこと、やりたいこが見つかっていない状況なので、サドベリーの子どもたちが好きなことを見つけて自分自身を見つめ直していることに驚き、うらやましく感じた。生徒自身が考え、行動し、責任をとるというスタイルは、大人の子どもに対する信頼がなければ成り立たないと思う。
・塾でアルバイトしていると、なぜ勉強をしなければならないのかと聞かれること多くあるが、その子にとってまだそれが必要ではない、押し付けるのは大人によるパターナリズムにすぎないのだとは、日頃に思っていたので、やりたいことをする、子どもの人生は子どものものという方針はとても共感できた。教育という言葉自体に大人による恣意性を感じるが、その教育の幅が広がっていくこと、選択肢を増えていくことは、子どもの可能性を狭めないという点においても重要であると感じた。
・恥ずかしながら初めてきいたが、今まで受けた教育との違いに驚いた。子ども自身に気付きを与える教育方法だと感じた。大人が準備を整えたり、人生について促したりして、子どもをレールにのっけるのではなく、雑談などから、「子ども自身に見つけさせる」「子どもに選択肢を与える」という姿勢がサドベリーの利点だと感じた。今回来て頂いた生徒さんのように自ら気付き、自ら他者と関わるような生徒さんであれば、サドベリー教育の恩恵を存分に受けられると思う。今までの常識をくつがえされたので、「教育とは」について根本から考え直すきっかけとなった。
・スタッフの生徒への接し方が、子どもに接しているというより、「小さな大人」として接している印象が強かった。生徒さんのパワーポイントの作成能力やプレゼンが大学生の自分より上手な気がして尊敬した。
 

※こちらの何倍もご感想をいただきました。普段の授業の振り返りと比べるととても多いとのこと。全て掲載できないのは残念ですが、その一部を掲載させていただきました。学生の皆様、ありがとうございました!
 

(スタッフ 杉山)
 
 

7月20日~8月9日
【オープンスクール受付中!】  
夏休みの期間を使って、子どもたちが『自分のことを自分で考える』という大切なことを体験してみませんか?
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます。

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です。

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています。

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします。


6

20

生徒、大学でサドベリーを語る


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
7月20日~8月9日
【オープンスクール受付中!】  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

いよいよプレゼン本番ということで、生徒と一緒に早稲田大学さんに行ってきました。
 
 
まずは私から、サドベリースクールについて紹介させていただきました。
書籍やHPでは見えづらい、サドベリースクールの想い・考え方・特徴をお伝えさせていただきました。
 


 

次に生徒が、実際に通っている生徒の声として、『私がサドベリーで学んでいること、思うこと』というお話をしました。

(姿勢も手の形もいいですね、練習の成果がでてますね。)
 

彼女は全く小・中学校に通ったことなく、6歳から12歳の現在まで東京サドベリースクールに通っています。
もちろん、読み書き計算や、プレゼンの授業を受けたことはありません。
 

しかし今回、
「皆さんの前で、1人でお話ししてみたい。やってみたい」
とのことでしたので、彼女の望む形で話す機会を一緒につくることにしました。
 

これは、早稲田大学の安先生が「ぜひどうぞ!」おっしゃってくださったので実現しました。
ありがとうございました!
 

数日前から緊張していた彼女。でも本番では何度も何度も練習を重ねた成果が出て、初めてながら頑張ってしっかり話していました。
※生徒が準備している様子はこちら
 

質疑応答でも学生の皆さんのご質問にお答えしていました。
授業が終わってからは、
「今まさに、自分のことで悩んでいるので、お話聞けてよかったです」
と泣いて感想を伝えてくださる20代の学生さんもいらっしゃいました。
 

終わってからは学食でランチ。ほっとしたのか、表情が明るいですね。

 

キャンパスを散策させてもらい、大きな校舎やキャンパスに、「大きいところいいねぇ」。
また、中央図書館の見学もさせていただきました。
こちらの図書館だけで300万冊近くの蔵書があり、図書館を出る時間になった時、本好きの彼女はまた「いいね!」と笑顔。
 

彼女は今回、興味のあること、またそれに関連するたくさんのことを、知り、学んでいました。
 

1つでも、本当に自分が興味関心があって自分から動き、素直な気持ちを持っていれば、たくさんのことを学べます。
やらされてやるのとは主体性が違います。やらされ感があると、ここまで本気で、かつリラックスして学べません。
 

大学で話したから素晴らしいのではなく、ちょっと怖いけど自分から動いたことそのものが素敵。
そういう姿を近くで見られることも、スタッフにとっての喜びの1つです。
 

(スタッフ 杉山)
 
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
7月20日~8月9日
【オープンスクール受付中!】  
夏休みの期間を使って、子どもたちが『自分のことを自分で考える』という大切なことを体験してみませんか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます。

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です。

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています。

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします。


6

16

つくることが好き


サドベリーの生徒達は作ることが好きな生徒が多いのですが、本当に好きな生徒はしょっちゅう何かをつくっています。
 

最近ではアクセサリー作りが流行っていたり、

 

ブラシを使って絵を描いていた生徒もいました。
 
 

また木を使って色々なものをつくっている生徒も。

 

何かをつくることが好きな気持ちは、きっと大人子どもは関係ありません。
そしてそれは、つくることに限らないと思います。
 

「好き」な気持ちや「心惹かれる」感じ、また「何とかしたい!」ことも、大人とか子どもとか関係ない。
それが小説を読むことや人と話をすること、料理をしたり、ゲームをしたりすることだって、大人でも子どもでも好きな人にとっては必要な時間。
むしろ大人とか子どもとか区別することも必要ないと思います。
 

政治に関心がある子どもも大人もいれば、ない大人も子どももいるのと同じですね。
 

つくるという事を通して、自分の時間を生きている。その人の時間を生きている。
であれば、つくることが好きという今この時の気持ちを大切にしてあげたいなといつも思います。
 

(スタッフ 杉山)
 
 

7月20日~8月9日
【オープンスクール受付中!】  
夏休みの期間を使って、子どもたちが『自分のことを自分で考える』という大切なことを体験してみませんか?
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます。

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です。

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています。

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします。


6

13

7/20〜8/9 オープンスクール受付中!


夏休み期間を使って、 『自分のことを自分で考える』 という大切なことを体験してみませんか?
 


 

7月20日(木)から8月9日(水)まで、オープンスクールを行います。
 

オープンスクール期間中は、普段のサドベリースクールと同じように生徒が登校しています。
 

毎日自分の人生に向き合っている生徒たちと、それを見守るスタッフがいる文化があればこそ、そこで過ごす子どもたちは、
「何かをしているから自分は価値がある、認められる」ということから、
「そもそも自分は何をしていても、していなくても価値ある存在だ」
と、認められるようになります。
そうして少しずつ、自分自身を認められるようになっていきます。
 

また、サドベリースクールは他人からまったく指示をされない環境だからこそ、自分に本当に向き合い、自分で自分のことを考えなければなりません。1日中何をしたいのか心の声を聴き、考え、行動することで、自分のことを自分で考えられるようになっていきます。
 

そして、他人の生徒、他人の大人(スタッフ)と過ごす事で、家庭ではできない人とのコミュニケーションを体験を通して学んでいきます。
 
 

オープンスクールは、サドベリースクールを体験されたことがないお子様に、「学校も人生も、道は1つではない」と知っていただく機会となれたらと思っています。
「とりあえず1度、体験してみたい」「少しずつサドベリースクールに慣れていきたい」とお考えの皆様、ぜひお越しください。
 

個性と社会性を大切にしていきたいとお考えの方のお子さん、皆様とお会いできること、楽しみにしております。
 
 

①学校説明をご希望される方には、下校時間の16時から学校説明を行うことが可能です。お申し込みフォームよりご希望下さい。
 

②これまで1週間体験(2回まで)をされたお子様も、オープンスクール期間中は回数制限に関係なく再び1週間体験にお申込みいただけます。
 

③オープンスクール期間はご好評をいただいているため、体験の人数制限をさせていただいております。日によっては体験をお断りしなければならないこともありますので、お早めにお申し込みください。
また体調不良等による振替ができませんのでご了承ください。
 

 ★1日~4日間の体験:1日体験としてお申込みください
 ★5日間連日の体験:1週間体験としてお申込みください
  (1週間体験はまず1日体験をされてからお申込みください。オープンスクール期間前に1日体験をされるとたっぷり体験できます。)
オープンスクール期間の体験のお申し込みはこちらから 
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サドベリーにいらっしゃいませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
子どものありのままや個性を大切にしたい皆さま、東京サドベリースクールでは説明会や見学、1日体験などがございます
 

【学校見学】 親子限定:毎週木曜日、一般の方:毎月第2火曜日
親子で実際のスクールの様子をご見学いただける唯一の機会です。また学校説明も致します。
スクールの様子を親子で見学されることで、その後一緒に検討しやすくなります。
なお学生や教員、経営者、サドベリーを立ち上げたい方向けの、一般見学もございます。

 

【学校体験】 スクール開校日
学校体験では、お子様が現生徒と同じように1日過ごすことができ、お子様が最もサドベリーを知る事ができる機会です。

 

【学校説明会】 次回開催未定
施設の見学、教育方針説明などお伝えします。また保護者や生徒に質問する機会もたっぷりございます。

 

【自ら学ぶ自由に生きる~究極の多様性教育~】
日本のサドベリーの保護者の声を集めた小冊子です。

 

【無料メールマガジン(不定期)】 活動の様子やイベント情報、日々の日記などをお届けしています。

※トップページにご登録欄がございます
 

【ご支援のお願い】 公的支援のない、子どもたちの新しい学びの場へのご支援をお願いします。


« 古い記事