2021年感謝のご挨拶

いつも東京サドベリースクールを応援していただき、ありがとうございます!

今年もあと数時間となりましたね。

スクールは先週冬休みに入りました。

今年も生徒に大きな怪我や事故などなく、またコロナによる感染者もなく終えられそうです。

これもひとえに、皆さんにお気持ち寄せていただいたおかげだと思います。

本当にいつも応援、ご支援いただき、ありがとうございます!

今年は校舎移転がありました。校舎老朽化に伴い立ち退かなくてはいけなくなりビックリしましたが、生徒・親御さん・ボランティアスタッフの皆さんと共に新校舎を探しました。

そしてたくさんの方から「こんな物件あったよ!」とお声がけいただき、無事新校舎が見つかり、引き続き生徒が通うことができました。校舎探しにご協力いただき、本当にありがとうございました!

秋の学校総会では、生徒・入学者の通いやすさのため学費を下げる決定をしたり(年間80,400円下がりました)、給付型奨学金制度(返済無しで年間最大267,996円給付)が決定されました。

上記の引き下げ額は今年度中で、次年度はまた学費が変更となる予定です。1月にウェブサイトで表示させていただきます。

また、奨学金は諸条件ありますが、少しでも通いやすいよう制度として進めていけることとなりました。 

なお、校舎移転と防音防振対策で大きな支出がありましたので、クラウドファンディングを行おうと進めていましたが、今回のタイミングでは延期する決断をしました。

生徒・スタッフ共に校舎移転と学校総会の準備でエネルギーを120%出し尽くしていたので、クラウドファンディングまで始めてしまうと、最優先の“教育”に良くないと判断したためです。

進めること、止めることなど何か起きた時、また何かを起こすとき、生徒と一緒に考え、話し合い、決めていけることが東京サドベリースクールの素晴らしいところです。

それらを通して生徒が毎日、自分たちの社会・コミュニティーをどうするかの経験値を積み重ねています。

ただ、クラウドファンディングは延期しましたが、スクールの経済状況を向上させるために『寄付月間』を1月中に行うこととなりました。

皆様のご寄付は、生徒の活動のサポート・奨学金生のサポート・スクール運営のサポートにつながります。

生徒・スタッフの教育活動を優先するため、これまでと同じ応援ご寄付のシステムで募集を行います。

ぜひ、2022年も、サドベリー教育を求める子ども達に必要な学校でありたいので、よろしければ応援よろしくお願いいたします。

また、最近、同窓生(OBOG)からよく連絡をもらいます。

歌が好きでよくコンサートを開いていた同窓生が初めて有料コンサートにチャレンジしました。

また、受験勉強をしていた同窓生から大学合格の連絡をもらったり、パソコン好きでITに強い学校に通っていた同窓生から3Dアニメーションの会社に就職が決まった連絡をもらいました。

そこには、

「自分はサドベリーに通って楽しい時間を過ごすことができ、自分のやりたいことを見つけることができました。サドベリーに通って本当に良かったと思い、とても感謝しかありません。自分は4月から働く会社が決まりました。これから行く会社で全力で頑張っていきたいと思っています。」

とのこと。

今の生徒たちの学びと成長を日々サポートすることも楽しいことですが、こうして巣立った同窓生たちから声をかけてもらえるのもとても幸せだなと思います。

これからも『自立する人と社会が育つ学校』として、生徒たち、同窓生たちを応援していきます。

そしてこのように生徒達を応援できるのも、皆様にいつも応援・サポートいただいているおかげです。

本当にありがとうございます!

今後とも東京サドベリースクールへのあたたかなご支援、ご協力を賜りますよう、

何卒よろしくお願い申し上げます。

感謝を込めて。

スタッフ

杉山まさる

記事の内容に共感いただけましたらフォローをお願いします!

前の記事

冬季休業期間について

次の記事

新年のご挨拶